夏は自動車のエアコンを有効に活用し燃費節約

夏場はエアコンの使い方が重要!

夏場の自動車運転で欠かせないのがクーラーです。

ただ、エアコンをガンガンと使うと燃費が悪くなってしまいます。

今回は、燃費を削減する為の夏場のエアコンの使い方について書きたいと思います。

スポンサーリンク

自動車に乗る前に窓を開けて換気する

夏場の車の中は灼熱地獄といって良い程の熱さとなります。

これは、ドアや窓などを閉め切った状態で、夏の日差しに照らされる事で車内に熱がたまってしまうからです。

ここで、エアコンを使うと熱い車内を冷やす為に、かなりの電気を使ってしまい燃費の悪化につながってしまいます。

そこで、車にのる時はまず、窓などを開け空気を入れ替える事が重要です。

運転席のみならず、助手席、後部座席なども空けると空気の通りが良くなります。

自宅駐車場などで問題ない場合は、ドアも開けると効果的です。

走り出す序盤は窓を開けたまま走る

最初に窓を開けて空気を入れ替えると書きましたが、完全に空気が入れ替わるのを待つのは時間がかかってしまい、なかなか出発できません。

そこで、ある程度の熱気を排出出来たと思ったら、少々熱くても出発せざるを得ない状況が出てくるでしょう。

そうした場合は、序盤に少しだけ窓を開けた状態で走ると、停まった状態で窓を開けておくより、数倍早く空気が入れ替わります。

そうしているうちにクーラーの効いてきて、すぐに車内は快適な温度になる事でしょう。

設定温度は低くし過ぎない

設定温度が低いと、よりクーラーを強く効かせなくてはならなくなり燃費が悪化してしまいます。

そこで、お勧めの温度は27~28度です。

かなりエコ設定な温度ですが、これでも十分快適なはずです。

サンシェードで日光を遮る

冒頭に、乗り始める時の車内の熱さについて書きましたが、出来るだけ車内が熱くならない様にするのも重要です。

サンシェードなどで、日光を遮り、出来るだけ車内が熱くならない様にすると、快適になるだけでなく、燃費改善にもつながります。

コメント