ペットボトルを買わずにマイ水筒を持参する

ペットボトルを買い続けると出費が増える

 

外出するたびにペットボトルを買っているとそれだけで月々数千円にもなります。1日1本、30日買ったと仮定してペットボトルは1本70円~150円ほどで売られているので、1本100円としても100円×30日で3,000円になります。夏場は汗をかき喉が渇くので1本以上飲むとしたら、それ以上かかります。

外出先で飲み物を買えば荷物にならずに身軽でいれるというのがメリットです。しかし、マイ水筒(マイボトル)を持参するとしないでは飲み物代が全然違います。外出時はマイボトルにお茶を入れて持参して節約しましょう。

 

スポンサーリンク

麦茶の例

私が使用しているよくスーパーで売られている麦茶は1パック10円もしません。さらに1パックで2ℓもの麦茶が作れるので、外出先に持って行く分をボトルに移し替えてもまだまだ余まっています。余った分は家でも飲めるので無駄がありません。水道代も大した額ではないのでペットボトルを買うより断然安上がりです。他のお茶でも高くても1パック数十円程度ですので、やはりペットボトルを買うよりだいぶ安くなりますね。

夏は冷たいもの、冬は温かいものが飲める

保冷、保温のできるステンレスマグボトルを使えば、夏の暑い時期は冷たい飲み物、冬の寒い時期には温かい飲み物が飲めます。ペットボトルは買ったときはひんやり冷たくても時間が経てばぬるくなってしまいます。マイボトルに氷を入れておけばいつでも冷たいものが飲めますね。温かい飲み物も同様で保温のできるボトルであれば比較的長い間温かさを保ちます。

コメント