増税前に買っておきたいのは「化粧品」

10月1日から消費税が10%に上がります

10月からの増税に伴い「今買うべきもの」「急いで買わなくてもいいもの」の判断で悩んでいる方も多いはず・・・軽減税率で8%のままの食品類は急いで買う必要はありませんが、増税後に2%上がってしまうものについては買っておきたいものもあります。

スポンサーリンク

セールになりにくいもの

よくセールしている日用品はそれほど急ぐ必要はありません。その値がいつもより安いということを知っているなら買っておいても損ではありませんが、特売で増税分よりも安く販売することもあるからです。

増税前に買っておきたいのは、「セールになりにくいもの」です。ブランド品もセールになりにくいので、どうしても買いたいものがある方は10月前に購入しておくと良さそうですね。金額が高ければその分増税の影響も大きくなります。

「化粧品」はセールしにくい

女性の必需品といえば「化粧品」。洗顔、クレンジング、化粧水、乳液、クリーム、化粧下地、ファンデーション、パウダー、リップ、アイブロウ、アイシャドウ、マスカラ、チーク、マニキュア・・・など。メイクをしている女性ならこれだけのものが必要になります。

化粧品はセールにかかりにくいものも多いです。セールをしていたとしても大体相場が決まっていたり、冬のセールでも、毎回のセールといつも同じ値段というのもよくあります。

セールになりにくい化粧品や相場がもう決まっている化粧品は買っておいても良さそうです。ただし、買うならいつも使っていて使用感がわかるものにしましょう。たくさん買っても肌に合わなかったり、気に入らなかったりすれば無駄になってしまいます。

買いすぎに注意

実際に増税前に化粧品を買う女性は多いです。しかし、化粧品はあまり長く置いておくと劣化してしまいます。化粧品は未開封の状態で製造から3年を目途に使うように推奨されているものが多いです。物によってはもっと早いものもありますので、多めに買うときはメーカーに聞いてみたほうがよいでしょう。直接肌につけるものなので、肌トラブルを避けるためにも期限は守り早めに使い切りましょう。

コメント