厚手のルームウェアで冬の寒さを乗り切ろう

冬は厚着をして暖房は控えめに

冬の暖房は石油ファンヒーター、ガスストーブ、石油ストーブ、エアコン、床暖房など、様々なものがあります。地域にもよりますが、夏のエアコン代よりも冬の光熱費の方が高いというのが一般的に多いと思います。

家にいるときは厚着をして暖房は控えめにするのが節約になります。

薄着をして暖房を強くした方が過ごしやすいという人も中にはいます。確かに薄着の方が動きやすいというのはあるかもしれません。しかし、暖房の設定温度を上げることで暖房代は確実に上がっていきます。経済的な面を優先するのであれば、冬は厚着をして暖房を低めに設定したほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

裏起毛の洋服が増えている

近年、コートも服も下着も靴下も・・・暖か素材のものがたくさん出ています。

裏起毛素材の洋服も出回っていますね。

 

これは数年前にGUで購入したメンズのスウェット上下です。上下別々で販売しており、ルームウェアとしてではなく普段着としても使えるというものでした。

中が起毛素材になっています。起毛してある洋服は暖かいですね。

ユニクロの裏ボアのパンツも愛用していますが、とても暖かいですね。冬物は毛玉ができやすいという問題がどうしても生じやすくなりますが、ルームウェアはそんなことを気にしていられません。むしろ、外出用だったものを毛玉がたくさんできたからという理由でルームウェア用にするという方も多いですね。

『洗えるもの』を選ぼう

あたたかければなんでもよいというわけでもありません。できるだけ『洗える』ものを選びましょう。

あたたかいニットの中にはケアが大変なものもあります。クリーニングに毎回出していたのではクリーニング代がかさんでしまいますので、できるだけ手洗いしたいところですが、やはり洗濯機をまわすより手間がかかりますね。

紹介したものは表面がニットのようになっていましたが、表面がスウェット生地で裏が起毛素材であったり、フリース素材の洋服は洗濯機で洗えるものが多くて重宝しています。厚着するにあたって洗濯が頻繁にできるものを選ぶというのも大きなポイントです。

家庭で洗えるウォッシャブルのダウンも増えていますし、シーズンオフのアイテムもできるだけクリーニング要らずのものを選ぶと節約になりますね。

 

コメント