Yシャツの襟が時間とともに変色! 洗濯では落ちない黄ばみや黒ずみを落とそう!

タンスから出したYシャツに黄ばみが

YシャツやTシャツなど、日々着ている服をシーズンが終わった後にタンスにしまい、翌シーズンに出してみると黄ばみや黒ずみなどが現れ変色していた、といった経験をした方は多いかと思います。

スポンサーリンク

通常の洗濯では落ちない黄ばみ

これは、家庭の洗濯機での通常のお洗濯では落ちない、皮脂や脂など、生地に残った汚れが時間とともに酸化し変色したものの様です。

こうした黄ばみは、普通に洗濯をしても落ちる事はありません。

まずは食器用洗剤で

そうした場合、使用するのは以下の2つです。

台所で使う食器用洗剤と酸素系漂白剤です。

まず、食器用洗剤を黄ばみがある襟などに塗り優しくこすります。

いらなくなった歯ブラシなどを使うとやりやすいですね。

酸素系漂白剤に漬け込み

そして、食器用洗剤をすすいだ後、桶などを用い酸素系漂白剤をメーカー指示の分量通りに入れ、ぬるま湯を注ぎ約30分漬け込みます。

この際、お湯を熱くし過ぎると、生地が傷む原因となってしまいます。

洗濯機で仕上げ

漬け込んだ後、すすいで酸素系漂白剤を落とし、洗濯機で通常に洗濯を行います。

終わった後は普通に干せば終わりです。

汚れの質、程度にもよりますが、大抵のケースはこれで綺麗になる事が多いかと思われます。

まとめ

今まで諦めていたYシャツの頑固な黄ばみ、黒ずみ。

今回ご説明した手順で対応すると、今まで落とす事が出来なかった汚れを落とす事が出来るかもしれません。

クリーニングに出すという手もありますが、今回の手順は手間がかかるものの、お金を節約する事が出来るのが嬉しいですね。

また、黄ばみが出来てから対応するのではなく、シーズンが終わった後、タンスにしまう前に見えない汚れを落としておけば、久しぶりに出した時に黄ばみに悩む事も無くなるので、早めの対応をする事が重要です。

コメント